1. ホーム
  2. 経営・創業支援
  3. 労働保険事務組合

労働保険事務組合

労働保険とは、労災保険と雇用保険を総称した保険です。
労働保険事務組合とは、厚生労働大臣から認可を受け、会員事業所から委託を受けて、事業主に代わって労働保険への加入手続き・雇用保険の被保険者に関する手続き等、労働保険事務・保険料の納付や労働保険に係る各種届出等の事務を代行するものです。

(1) 労災保険について

労働者が、業務上または通勤途上において、負傷・死亡した場合、被保険者や遺族を保護するための保険給付等を行うものです。1人(短時間労働者含)でも従業員を雇っていれば、加入しなければなりません。

◎労災保険率◎
2.5/1,000 ~ 88/1,000
※業種によって、異なります

(2)雇用保険について

労働者が失業した場合に、再就職に関する教育訓練・求職活動のための失業給付をするものです。

◎雇用保険率◎

事業の種類 雇用保険料率(平成30年度)
①被保険者負担 ②事業主負担 ①+② 保険率
一般の事業 3/1,000 6/1,000 9/1,000
農林水産
清酒製造の事業
4/1,000 7/1,000 11/1,000
建設の事業 4/1,000 8/1,000 12/1,000

(3)メリット

  1. 事務処理の軽減
  2. 保険料を3分割納付
  3. 法人の役員、個人事業主や家族専従者も労災に加入可能(特別加入)

(4)加入規模

金融、保険、不動産、小売、飲食
50人以下
卸売、サービス
100人以下
上記以外
300人以下

(5)委託事務の範囲

除外事項
・労災保険及び雇用保険の 保険給付に関する請求
・雇用安定事業・能力開発 事業に関する手続き

(6)事務手数料

確定賃金総額×0,1% + 1,000円

お問い合わせ

倉敷商工会議所 労働保険事務組合担当
電話:086-424-2111(代)

  • 会員事業所リンク集
  • 入会のご案内
  • 貸会議室
  • セミナー・イベント
  • リンク集
  • 倉敷商工会議所青年部
  • 倉敷商工会議所女性会

Copyright (c) 倉敷商工会議所 All Rights Reserved.