会議所概要

商工会議所とは

国内初の商工会議所は、明治11年に設立され、古い歴史を背景に発展してきましたが、今の制度は昭和28年8月に制定された”商工会議所法”という法律によって運営されている特別認可法人です。
商工会議所は、その地区内における商工業の総合的な改善発達を図るとともに、社会一般の福祉の増進に資することを目的とした公益法人です。(商工会議所法第6条)

性格と特徴

性格
地域の商工業者の世論を代表し、商工業の振興に力を注いで、国民経済の健全な発展に寄与するための地域総合経済団体です。したがって、商工会議所の活動には、大企業も中小企業も、みんな力を合わせて都市を住みよく、働きやすいところにしようという願いが込められています。
特徴
商工会議所には、大きく4つの特徴があります。
  1. 地域性―地域を基盤としている。
  2. 総合性―会員はあらゆる業種・業態の商工業者から構成される。
  3. 公共性―公益法人として組織や活動などの面で強い公共性をもっている。
  4. 国際性―世界各国に商工会議所が組織されている。

商工会議所の事業活動

商工会議所は、業種、業態、規模の大小を問わず地区内のすべての商工業者の利益をはかるとともに、地域経済社会の振興・発展や、社会福祉の増進に資するため次のような事業を行っています。

  • 商工会議所としての意見を公表し、これを国会・行政庁等に建議。
  • 行政庁等の諮問に応じて答申。
  • 商工業に関する調査研究。
  • 商工業に関する情報・資料の収集および刊行。
  • 商品の品質・数量、商工業者の事業内容、その他商工業者に係る事項の証明・鑑定、および検査。
  • 輸出品の原産地証明。
  • 商工業に関する施設を設置、維持および運用。
  • 商工業に関する講演会および講習会の開催。
  • 商工業に関する技術・技能の普及および各種検定試験の実施。
  • 博覧会・見本市等の開催、およびあっ旋。
  • 商事取引に関する仲介およびあっ旋。
  • 商事取引の紛争に関するあっ旋・調停および仲裁。
  • 商工業に関して、相談指導、信用調査。
  • 商工業に関して、観光事業の改善発達。
  • 社会一般の福祉の増進に資する事業。
  • 行政庁から委託を受けた事務。
  • 上記の他、商工会議所の目的を達成するために必要な事業。

商工会議所会員と特定商工業者

会員
商工会議所の運営をささえ、事業活動の推進力となるのは会員の皆様です。商工会議所では、会員の方が営んでいる主要な事業の種類(商業・工業・建設・運輸・金融など)ごとに、それぞれの業種の適切な改善発達を図るため部会をおいています。部会では、所属会員が部会に出席して直接意見を述べ、情報・知識を吸収できる絶好の場です。
その他には、様々な情報、資料および刊行物の提供を受けることができ、商工会議所の行う事業を通して直接または間接にいろいろな利益を得られます。
特定商工業者
商工会議所は、商工会議所法に定める地区内の一定規模を有する事業所を登録して法定台帳を作ることとなっています。その方々は、会員ではなく会員に準じた権利と義務を有する特定商工業者です。
特定商工業者とは、商工会議所法に基づく一定基準以上の商工業者のことです。当所においては、常時使用する従業員の数が20人(商業・サービス業は5人)以上であること、または資本金もしくは払込済出資総額が300万円以上の事業者がこれに該当します。

概要について

会頭 井上 峰一 (株)いのうえ代表取締役社長
副会頭
藤木 達夫 丸五ゴム工業(株)代表取締役社長
伊澤 正信 クラブン(株)代表取締役
野村 泰弘 三菱自動車工業(株)水島製作所副所長
鴨井 尚志 カモ井加工紙(株)代表取締役
専務理事 加藤 清次  
管轄地域 昭和42年2月1日倉敷、児島、玉島の三市合併前における旧倉敷市の行政区域です。
交通アクセス JR倉敷駅から徒歩20分、タクシー5分(詳細はここをクリック
バス(下電バス、両備バス) 大高経由「商工会館前」下車、運賃160円
会館案内 各種貸会議室。諸会議、研修会、講習会、展示会等で利用されています。
数字からみた商工会議所 管内人口 287,167人(平成28年10月末現在)
管内事業所数 11,429事業所(平成24年2月1日経済センサス)
会員数 3,473事業所(平成29年3月末現在)
議員定数 100人
陳情・要望活動 (平成21年度 主要陳情・要望)
  • 中国職業能力開発大学校の存続に関する意見書
  • 循環コミュニティバスの運行について
  • 税制改正に関する重点要望
  • 信用保証料補給制度の拡充に関する要望
各種事業 法律・税務・経営・経理・記帳・労務・金融等の無料相談
貸会議室の管理運営
各種検定試験の実施
各種共済(保険)事業の実施
中心市街地活性化(くらしきTMO)事業の実施
商工業に関する調査研究の推進、情報・資料の提供、証明・鑑定・検査の実施
創立日 昭和4年3月15日

部会・委員会について

部会
会員が営んでいる事業の適切な改善発達を図るため、商業、工業、建設、藺製品・雑貨、理財、運輸交通、観光、医療・福祉の8つの部会を設置しており、会員はいずれかの部会に所属していただきます。
部会は会員が、直接商工会議所に対して意見を述べ、また情報や知識を吸収できる絶好の機会です。講習・講演会・説明会等を開催しております。
委員会
商工会議所の運営上重要な事項、あるいは政治、経済、社会問題等を調査研究するため、運営、流通、工業、建設、貿易、金融税務、運輸交通、観光、健康・福祉の9つの常設委員会と暴力団排除協議会、企画特別委員会の2つの特別委員会を設置しています。委員は、主に議員と会員の中から選ばれた特別委員で構成されています。

議員制度と議員選挙について

議員制度
商工会議所の最高意志決定機関は議員総会です。議員総会(議員)は、1号、2号、3号議員で組織されています。
  • 1号議員は、会員と特定商工業者が会員の中から選挙によって選出する議員です。(50名)
  • 2号議員は、各8部会で部会を開催し、部会員の中から選出する議員です。(35名)
  • 3号議員は、会頭が常議員会の承認を得て、選任する議員です。(15名)
また、議員の任期は3年です。
議員選挙
1号議員を選出するための選挙です。
会員の会費額 1口(3,000円)につき1票の選挙権が得られます。(増口に伴う増票可能)
また、選挙は3年に1度です。

 

サービスのご案内
倉敷商工会議所について
〒710-8585
岡山県倉敷市白楽町249-5
TEL:086-424-2111(代)
FAX:086-426-6911
受付:
9:00~17:15(日祝除く)
9:00~12:00(土曜)
倉敷商工会議所入会のご案内 入会のメリットは?
エコアクション21ロゴマーク
adobe reader
pdfファイルをご覧頂くにはAdobe Readerが必要です。上のバナーをクリックするとAdobe社サイトから最新バージョンのAdobe Readerがダウンロードできます。